出会いはもまた大分では避けられない

「出会い川の水は避けられないが、それは原物ではない

水に浮かぶ水泡は消えて結ばれ、そして長い間そこには存在しなかった。

この出会いの人々と住居もまた
そしてそうです。 「

– このあと現代訳で –

大分 出会い

フラワーシティでは、尾根を覆い隠し、ひさしを競う貴族の住居、

それは何世代にもわたって続けられなければなりませんが、これは本当ですか?

あなたが尋ねるならば、古風な家はまれです。

私は出会い燃やして今年それを作り、大きな家が消えて小さな家です。

家に住んでいる人は同じです、場所に変化はありませんが、多くの人がいます

昔から30人のうち1人か2人しかいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です