歌には季節があった大分の出会い

クジャクとを目で見る大分の出会い

季節の言葉はすずめld
晩春
スズメ/スズメ/スズメの雛/親スズメ/春のスズメ/スズメ
すずめは住んでいる場所のどこにでも住み、軒や屋根にonの巣を作ります。春に、卵はひよこに変わり、まだ歩いているひよこは親鳥によって監視されます。

大分の出会い遊びに来て
(小林一茶)
孔雀が踊るなら、孔雀
(鈴木花奈)
スズメの生涯白い腹大分の出会い
(歌aki京子)
米粒を踏んでスズメの子犬
(中村幸子)

 

大分県内で簡単に出会いを見つける13の方法を体験しよう


孔雀で砂遊び
(八木宗一)
すずめ
(村越化石)
孔雀の口を開ける大分の出会い
(So石夏目)
スズメアプリコット子アプリコット
(細見綾子)
すべての孔雀はドングリの色です
(木田チャイム)大分の出会い
光沢のある葉が怖い孔雀
(鳥居修)

スズメの子供の元旦
(加藤明仁)
小さな生活と大きな風景。この俳句も素晴らしいです。
“エイプリルフール”

すべてがピカソの愛の証拠です大分の出会い

北極の4月とオープンムーン

季節の言葉は愚かです。意味はエイプリルフールです。

ピカソの多くの作品はすべて、愛を証明するために作られました…それが嘘なら、エイプリルフール。

ピカソの愛の証拠が作品である場合、複雑で多様な愛とは何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です