大分の出会いで道徳を説きます

あなたは何かを心配して私に会いに来ると確信していますので、あなたがそれを好めば、大分の出会いしてください^^
キリスト教は、禁欲、隣人への愛、弱者への思いやりなどの道徳を説きますが、大分の出会いはそれを奴隷道徳と呼び、強者(ルサンティマン)に対するresりから来たと言います。

ローマのクリスチャンは未成年で、権力と金持ちを憎み、復を試みましたが、しませんでした。

大分の出会いは貪欲で、とんでもない、暴力的であるため、彼らは悪です。一方、未成年者は、私たちが正直で、貪欲で、心が優しく、強い自己の自己肯定、強さ、気高さ、そして弱い人に対する利他主義と思いやりの価値を否定します。そのような価値は良いものになりました。

ところで、映画などで奴隷が主人を自慢する場面があります。
これは、スレーブガットと呼ばれるべきものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です