大分出会いでの彼らの考えを話した

大分出会い、私が病院に戻って先生に彼らの考えを話したとき、

「頑張れ!負けないで!」
大分出会いは励まされ、2日後に退院しました。

その直後、旅行会社にハネムーンを手配して
「大分出会い」はがきを作って友達全員に送る

(彼女が病気であることを誰も知らない)
みんなにお祝いしてもらいました。

生後2ヶ月と言われていますが、退院4ヶ月後の「フラワーエキスポ」でも頑張ってくれました。

(車いすになりましたが)

行くことができて嬉しかったです。

しかし、病気は着実に進行し、すぐに家で回復することができなくなりました。
病院に再入院し、ある夜、完全に雨が降ったとき、私は意識を失い、翌朝、腕の枕に二度と戻らない人になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です