大分では何年も経って出会いを理解しています

大分、ポセイドンに邪魔されてイサカの地に足を踏み入れるさらに10年前、故郷のイサカ(アテネの反対側にあると推定される)に戻ろうとしたときに子供の目を盲目にしたことに憤慨した海の神ギリシャ半島)。それは私を取りました。

大分、オデュッセウスは魔女のキルケに誘惑され、長年女神カリプソに恋をし、罪のないナウシカの夫と父のアルキノオス王に望まれているが、故郷に行く。

一方、オデュッセウスは終戦から何年も経って妻のペネロペに戻らないため、死んだとされ、多くの求婚者が殺到している。

ペネロペは、オデュッセウスの父親の死の衣装が織られるまで求婚者に待たせたいと理解していますが、実際には、日中は布を織り、夜はそれをほどきます。

しかし、4年目のメイドの話でその計画が明かされ、ペネロペもしぶしぶ織り上げ、結婚相手を選ばざるを得なくなった瞬間、物乞いのオデュッセウスとその成長した息子が現れた。求婚者は大分と一緒に殺されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です