日常のように大分の出会い掲示板を続けています

その少年はおそらく地元のコンビニエンスストアを訪れますが、私よりも頻繁に立ち寄ります。
私が大分の出会い掲示板に来るたびに彼に会うからです。

男の子を見ると、コンビニでパンを手に取って食べている姿に出くわします。
店主兼店長らしい男は自分の存在を気にしない。

大分の出会い掲示板
私はそれが常に起こっていると確信しています。
アルバイトの若い店員さんも、日常のように考えずに他のお客さんと接しようとしています。

彼は、彼のぎこちない表情、身振り、行動のために、ある種の知的障害を持っていたと推測されました。
彼はその朝もコンビニにいました。
店に入るやいなや、いつものようにレジの隣の試食コーナーに歩いて行き、当然のことながら細かく刻んでトレーに入れた試食パンを飲み始めた。
幸せそうな表情で、1、2、3を美味しく食べ続けています。

コーヒーの缶を横に置いてレジに並んでいると、パンを持っているのとは違うもう一方の手のひらが何かを持っているためにしっかりと閉じられていることに突然気づきました。

やがて「日課」を終えた少年は、そのまま店を出るのではないかと思い、レジに並んでいる私の横から腕を伸ばし、頑固に握りしめた手のひらを開いた。

手のひらに50円硬貨が1枚ありました。

「私はいつも大分の出会い掲示板の助けに感謝しています。」

店員は丁寧にお辞儀をし、男の子の手のひらからゆっくりと50円硬貨を取り出し、その代わりに、いつもレジ係が持っていたかのように、一口サイズの小さな大分の出会い掲示板を手のひらに入れました。置いた。

彼はチョコレートを手に取るとすぐに微笑んでコンビニをぎこちなく去った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です