必死な感情がある大分の出会い

カセットストーブでご飯と一緒に
おにぎりを二人
悲惨な海岸に行く大分の出会い
がれき除去ボランティア

私の夫は彼女が死ぬかもしれないと言われました
誰かのために一生懸命働くだろう図があります
頼れる
私は本当にこの人と結婚するのが良いと思いました

大分の出会い震災から約半年
夫の体で起こったことは消えます

大分の出会い少しずつ前の人生が戻ってきた

やがて
停まるに来た後

私の夫の感情はどういうわけか分離されています
離婚するという
私の夫は家を出る
彼女は家に押しています
私は病気だし、私は必死だ
繰り返します

 

しかし

大分の出会いあの日を覚えていると
私は何にでも耐えられるような気が

夫の背中の暖かさは自転車の後ろにまとわりついています
私はまだ覚えていま大分の出会い

私はその困難を乗り越えました

なぜ

あなたは私を見失ったのですか?大分の出会い
手をなくしましたか。

あなたはその日です
覚えていますか?
私は一人旅の計画を立てました

ホテルの予約もしています…